マナー講座

挨拶も身だしなみも敬語も、すべて相手に対する思いやりの気持ちからスタートします。

ビジネスマナーというと、何やら堅苦しい行儀作法を思い浮かべる人が多いようです。

しかしマナーで重要なことは形”ではなく目に見えない“心”の部分 です。

ビジネスシーンでの人とのかかわりを、より円滑にすることが目的です。

表現を少し変えるなら、ビジネスにおける円滑な人間関係はしっかりとしたビジネスマナーの上にしか築けません。

 

 

相手に対する思いやりの心こそが、最も大切なビジネスマナーの心得といえるでしょう。

まず相手の個を尊重し、相手の立場に立って考える姿勢です。

 

いつも他人を思いやる気持ちに溢れている人は、相手との間に信頼関係が芽生えます。

多くの人に好かれ、仕事を通じて人生が豊かになり、公私共に充実することでしょう。

 

 

思いやりの精神は、常に“相手は何をしてほしいと考えているのか”“何をしてあげれば、相手は喜んでくれるのか”という視点から生まれます。そういう考え方が巡り巡って、あなたに返ってくるのです。相手もあなたを敬い、あなたに好感を抱いてくれることでしょう。“心と心のふれあい”・・・仕事にできるビジネスパーソンがビジネスマナーにこだわるのは、そういった思いやりの心こそがビジネスの根幹にあることを知っていたからなのです。

 

 

一方、思いやりの精神が欠けていると、あなたにどんな才能があろうとも、社内外でよい人間関係を築くことができません。誰とも円滑な人間関係を築くことのできない人は、おのずと孤立してしまいます。そうすると仕事が停滞し、業務に支障をきたすでしょう。

つまり、“仕事のできない人”というレッテルを貼られてしまうのです。

 

 

 

だからこそ相手を思いやる心”こそが最も大切なビジネスマナーの心得 

なのです。

 

挨拶も身だしなみも敬語も、すべて相手に対する思いやりの気持ちからスタートします。